今朝は伊藤選手の朝ご飯を撮影させてもらいました!

ホテルの朝食はバイキングスタイル、シーズンオフなので選手は思い思いの食事でした。

とはいえ、トレーニングキャンプの真っ最中ということもあり、食事への意識が高い。

自分はヨーグルト、ハム、チーズ、クロワッサンにコーヒーの組み合わせ。

3日間変わらぬメニューで過ごしています。

比べてみると選手の食事は違いますね。

意識の高さがわかる食事内容でした。

 

いよいよタイヤテスト2日目です!

選手が来るまでに自転車を準備。

同じ自転車が整然と並ぶ光景は本当にきれい。

汚れが一つもついていない自転車、この光景を実現しているのはプロの仕事あってのものだと身に染みています。

 

この日は翌日のフォトセッションのためラ・スペツィアへの移動があるため1時間早めの8時30分からトレーニング開始。

先日のタイヤテストはチューブレスタイヤのフォーミュラPROチューブレス、クリンチャータイヤのアスピーテPRO、チューブラータイヤのフォーミュラPROのテストを行いましたが、今日は殆どの選手がチューブレスタイヤ。

空気圧は先日と同様にフォーミュラプロチューブレス フロント:6.0kpa リヤ:6.5kpa

コースは海岸線沿いの平坦コースを走り、途中で登り坂を往復×2セットのメニューをこなしホテルまで戻ってくる4時間のコースでした。

朝方まで雨が降っていたのか、路面はウェット気味。

 

何日か前の練習で同じコースを走った時に下りで落車があり8人ほど転んだとか。

その場所に近ずくと福島監督が心配そうな声をあげた。

残念ながらその予感は的中し3人ほど落車。

1人は対向車線まで滑っていったので車にはねられてしまうのではないかと…。

イタリアの路面は少しでもウェットになると、途端にスリッピーになります。

選手たちからもっと空気圧を下げたいとう要望がでるのも、25c、28cと太めのタイヤがトレンドになる理由も肌で感じることができました。

その後は、路面も乾き大きなトラブルもなくホテルに到着。

空が広いです。

ホテルに到着後すぐにタイヤチェック。

2日間と短い期間とはいえ、使用後のチューブレスタイヤに大きな傷やトラブルはなし。

試作のタイヤも手ごたえがあり、実戦を含めて継続テストを行うことに。

 

練習後にペスカーラからラ・スペツィアまで約7時間の移動。

IRCの工場がある宮城県から東京までの移動と同じだなと思いながら後部座席に乗り込みました。

隣にはマリノ選手と小石選手。

慣れたはずなのに間近にいる選手に緊張。

邪魔しないように片隅に縮こまっていました。

 

明日はチームフォトセッション!

いろいろといい景色での写真が撮れそうです!

次回の更新もお楽しみに!